FOLLOW US

マンC戦控えファーガソン「誰もが出たい試合、それがダービー」

トレーニングを見守るファーガソン監督 (C)Manutd.jp

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が、8日に行われるプレミアリーグ第32節、マンチェスター・Cとの“マンチェスター・ダービー”について語った。クラブ公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「誰もが出場したい試合、それこそがダービーだ。この数年間で、過去よりもダービーの重要度が増した。チーム全体としても楽しみにしている。だが、ダービーまで過密日程だったから、うまく対応していく必要がある」と、ダービーマッチについて語った。

 マンUは、プレミアリーグ新記録となるリーグ戦30試合で25勝を達成し、ハイペースで勝ち点を重ね、現在2位のマンCに15ポイントの勝ち点差をつけて首位に立っているが、「リーグ戦でのチーム状態はとても良いが、過密日程に入る前にインターナショナルウイークがあったことは、状況を難しくするものだった。サンダーランド戦(30日、1-0で勝利)の2日後にチェルシーとFAカップ準々決勝の再試合(0-1で敗戦)を行った。代表選手が2試合戦った後としては厳しいものだったね。我々が抱えている選手の能力を考えれば、代表戦に出場するのは確実だったからだ」と、3月末に各国代表の試合が行われたことへの不満を見せ、リーグ戦へ向け気を引き締めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO