2013.04.02

FA杯敗退にファーガソン監督「得点できる気がしなかった」

チェルシー戦の敗戦を振り返ったファーガソン監督 (C)Manutd.jp

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、1日にFAカップ準々決勝再試合でチェルシーと敵地で対戦し、0-1で敗れ、大会から姿を消した。試合後、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督がクラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューに応え、試合を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「前半は冷静にプレーできていたし、相手の脅威も感じなかった。だが、よくある話だが1つのゴールが流れを変えてしまったね。何シーズンか前にデンバ・バがニューカッスルでプレーしていた時も同じように決められた。不意を突かれたよ。後半立ち上がりが良くなかった」と、49分に喫したデンバ・バの決勝点の場面を悔やんでいる。

 また、「(エデン)アザールやオスカル、(フアン)マタを起点としたカウンターに苦しんだ。追加点は奪われなかったが、我々が得点できる気もしなかった。ロビン・ファン・ペルシーに決定機があったが、バーを越えた。チチャリート(ハビエル・エルナンデスの愛称)の惜しいヘディングもあった。追いかける状況になり、冷静さを失ったことが敗因だ」と、試合を分析している。

 8日にはプレミアリーグ第32節、2位のマンチェスター・Cとのダービーマッチを控えているが、「今日の敗戦は忘れて、シティ戦に集中しなければならない。我々に明るい結果となることは、シティに勝利して優勝に近づくことだ」と、チームに切り替えを求めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る