2013.04.02

FA杯準決勝進出のベニテス監督「優先すべきはリーグトップ4」

ベニテス監督(左)と決勝点を決めたデンバ・バ(中央) [写真]=Getty Images

 FAカップ準々決勝の再試合が1日に行われ、連覇を狙うチェルシーと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。セネガル代表FWデンバ・バのゴールで、チェルシーが1-0で勝利し、準決勝へ進出した。

 チェルシーのラファエル・ベニテス監督が試合後、勝利を振り返ってコメントした。クラブの公式サイトが伝えている。

 ベニテス監督は再試合で難敵マンチェスター・Uに勝利したことについて、「勝ったことが誰にとっても非常に重要なことだ。我々はオールド・トラフォードで懸命にプレーした。その試合でも勝つチャンスはあった。そして、結局、我々は勝利に値していたということだ。この試合は素晴らしい試合だった。我々にとって大きな勝利を手にしたね」と喜びを表した。

 チェルシーを準決勝進出に導いたデンバ・バの決勝点について問われると、「あのゴールは、我々にとって今シーズン最高のゴールの1つだ。とても優れたテクニックが必要で、非常に難しいものだった。ウェストハム戦の後、私はデンバ・バがとても優れたフィニッシャーだと話していた。それを見ることができたはずだ」と絶賛した。

 チェルシーは14日に行われる準決勝で、マンチェスター・Cと対戦する。またも難敵との対戦となるが、ベニテス監督は、「今シーズン以上に勝ち上がりが難しいことはないかもしれない。しかし、優勝したいなら、最高のチームと対戦しなければならない。マンチェスター・ユナイテッドはその1つで、マンチェスター・シティはもう1つの最高のチームだ。その試合はもう1つのチャレンジになる」と意気込みを語った。

 そして、シーズン終盤の戦いについて、「優先すべきものは(リーグ戦の)トップ4だ。しかし、全ての大会に優勝するというつもりでアプローチしなければならない。48時間以内に2試合戦わなければならなかった。いくつかのポジションについては選手が多くいるわけではないから、しっかりとマネージメントしなければならないんだ。それを本当に上手くできたと思う」と語り、リーグ戦で4位以内に入り、チャンピオンズリーグ出場権を獲得することを優先する考えを示した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング