2013.03.31

マンU指揮官「30試合で25勝という記録も選手達の努力のおかげ」

ファーガソン
マンチェスター・Uを率いるファーガソン監督 (C)Manutd.jp

 プレミアリーグ第31節が30日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uがサンダーランドと対戦。アウェーで1-0と勝利を収めた。

 試合後、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が、以下のように勝利を振り返った。

 ファーガソン監督は、「負傷者が何人か出たが、選手達は勇敢な心を持って戦ってくれた。特に後半は気持ちの強さが表れていた」と選手を称えるとともに、試合内容についても言及。「前半はチームのプレーができていたが、後半は相手を称えるべきだね。何本か素晴らしいクロスをボックス内に上げ、我々は対応を迫られた。しかし、それでも集中力は落ちなかったよ。シーズン序盤は失点も多かったが、DF陣が戻ってきたからね」と語り、再び選手達に賛辞を送った。

「選手達は全試合でチームスピリット、高い集中力を見せてくれている。開幕から30試合で25勝という記録も、選手達の努力のおかげだね。本当に重要な勝利だった」

 マンチェスター・Uは、サンダーランド戦の勝利で、7連勝の18試合負けなし。勝ち点を77まで伸ばして、2位のマンチェスター・Cとの勝ち点15差を保ち、首位を独走している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る