FOLLOW US

引退表明のオーウェンにランパードが賛辞「歴史に残るストライカー」

イングランド代表でともにプレーしたランパードとオーウェン(背) [写真]=Man Utd via Getty Images

 チェルシーのイングランド代表MFフランク・ランパードが、今シーズン限りでの現役引退を表明したストークの元イングランド代表FWマイケル・オーウェンへの思いを語った。『スカイスポーツ』が伝えている。

 オーウェンより1歳年上の34歳になるランパードは、「彼は素晴らしいキャリアを過ごした。一緒にプレーすることができて、とても誇らしい選手の1人だ。彼はイングランドの歴史に残るストライカーの1人だと思うし、非常に大きな称賛を受けるにふさわしい選手だよ」と、賛辞を惜しまなかった。

 印象に残るオーウェンのイングランド代表での活躍を聞かれたランパードは、「ミュンヘンでのハットトリックは本当にすごかった(2001年のワールドカップ予選ドイツ戦、5-1でイングランド勝利)。彼の試合でもベストの1つだったけど、アルゼンチン戦(1998年W杯フランス大会、2-2の末PKで敗戦)も当時の彼の年齢(18歳)もそうだし、目を引くクオリティがあった。ファンの1人としても素晴らしいものだったし、心に残っている」と、2つの試合を選んだ。

 最後に、「偉大な功績を残した。負傷による問題さえ抱えなければ、多くの記録を破っていただろうね。ゴール数もそうだし、代表100キャップもだ。でも、彼に記録に不満を持ってはいけない。彼のキャリアはクラブと代表の両方で間違いなく、トップのものだった」と、改めてオーウェンを称賛した。

[写真]=Man Utd via Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO