FOLLOW US

FWオーウェンが引退表明「最後のシーズンにすることを決断した」

18歳で出場したフランス・ワールドカップでは、アルゼンチン戦で衝撃のスーパーゴールを記録した [写真]=Getty Images

 ストークに所属する元イングランド代表FWマイケル・オーウェンが19日、自身の公式HPとツイッターで今シーズン限りでの現役引退を発表した。

 オーウェンは自身のツイッターで、「今日は重大な日だね。プロフェッショナルのフットボーラーとして、最後のシーズンにすることを決断した」とコメント。公式HPでも、「今が自身のキャリアに幕を下ろす最適な時期だと感じている」と語った。

 33歳のオーウェンは、1997年に17歳でリヴァプールからプロデビュー。“ワンダーボーイ”の愛称で親しまれ、その後はレアル・マドリード、ニューカッスル、マンチェスター・Uに在籍して、今シーズンからストークでプレーしていた。今シーズンは、リーグ戦で6試合に出場して、1ゴールを挙げている。

 なお、イングランド代表でも89試合に出場し40ゴールを挙げ、ワールドカップに3度出場していた。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO