2013.03.17

優勝遠のく敗戦にマンC助監督「マンチーニは怒っている」

マンチーニ監督(左)の怒りを代弁したプラット助監督(右) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第30節が16日に各地で行われ、2位のマンチェスター・Cはアウェーでエヴァートンと対戦し、0-2で敗戦。同日に行われた試合で首位のマンチェスター・Uが勝利したため、勝ち点差は15に拡大した。

 試合後、マンCのデイヴィッド・プラット助監督が『スカイスポーツ』のインタビューに応え、以下のように試合を振り返った。

「みなさんが思うように彼(ロベルト・マンチーニ監督)は怒っている。今は落ち着かせようとしているところだ。彼はインタビューに応えたくないんだ」

「理由の1つは、試合を通して我々のパフォーマンスが良くなかったこと。エヴァートンに試合から追い出された。2つ目は、それを挽回できる場面があったにもかかわらず、そうならなかったことだ。(86分にマルアン・フェライニがハンドを取られ、FKと判定された場面を振り返り)試合中、私の位置からはハンドがペナルティエリア内か、そうじゃないかは、わからなかった。だが、リプレイを見るとエリアのライン上ですらなく、3ヤードもエリアの内側だった。PKを得られなかったが、それに値するパフォーマンスを見せられなかったということなのだろう。しかし、ゲーム以外の要素も少し結果に加わってしまったね」

「今日、勝っていたとしてもユナイテッドとの差はかなり大きい。彼らは残りのホームゲームで勝ち点12ポイント獲得を期待できるしね。我々はシーズン終了まで、ポイント差に関係なく、数字上優勝が不可能になっても、勝利する義務がある。我々はプロフェッショナルで、試合に勝つためピッチに立つからだ」

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る