2013.03.15

ヴェンゲル監督「2014年までの契約を全うする」

「2014年までのクラブとの契約を全うする」とコメントしたヴェンゲル監督

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が厳しい状況に追い込まれている。チームは長年タイトルから遠ざかっており、今シーズンもチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦敗退、リーグ戦も首位マンチェスター・Uと勝ち点24ポント差の5位に沈み、8シーズン連続の無冠がほぼ決定的となった。

 さらに、今シーズンは1996年から守り続けてきたチャンピオンズリーグの出場権獲得も危うい位置にあり、サポーターの苛立ちは日増しに高まっている。

 サッカー界からは依然、高い評価を得るヴェンゲル監督にはレアル・マドリードやパリSGの監督就任の噂が流れているが、同監督自身はクラブとの契約を全うすると主張している。

 『Beln Sport』のインタビューに応えたヴェンゲル監督は「私はまだ、このクラブで成し遂げたいことがある。アーセナルとは2014年まで契約が残っているし、私はその契約を全うするつもりだ」とコメントし、今シーズン終了後にチームを離れることを否定した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る