FOLLOW US

香川がチャリティーイベントで300万円寄付「被災地の支援に」

「ウブロ チャリティーシュート」に挑戦した香川 [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uのオフィシャルタイムキーパーおよびオフィシャルウォッチメーカーであるウブロが12日、日本代表MF香川真司をイメージしたスペシャルモデル「アエロ・バン レッドデビル26」を発表した。

 発表会見には香川も登場して、チャリティーイベントである「ウブロ チャリティーシュート」に挑戦。ゴールに設置された8つの枠にゴールを蹴り込むことで、最大1000万円の寄付金が得られ、香川は300万円を獲得した。

 会見では、11日で東日本大震災から2年が経ったことについて言及。「被災地の現状は、まだまだ厳しいところがあると思うし、僕自身ができることはサッカーを通して子どもたちに勇気を与えること思っているので、結果を残していく姿勢を日本のみなさんに見てもらえるように、これからも一生懸命頑張って行きたい」と語り、支援への思いも明かした。

「震災が起きた日は誰もが忘れられない日で、それは日本だけでなく世界の皆さんも感じている。その中で僕は日本人として、やれることはサッカーを通したことだと思っています。そういう意味で今回のチャリティーを通して、被災地の子どもたちに少しでも支援になればいいなと思っていますし、子どもたちに少しでも夢であったり勇気を与えられるような活動になればいいと思います」

 なお、チャリティーイベントで獲得した300万円は全額、サッカー教室等を通じて子供たちの夢実現を手助けする為の基金にされる。

[写真]=Man Utd via Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA