FOLLOW US

震災から2年…香川「絆を深め、手を取り、夢を追い続けましょう」

2011年に仙台で行われたチャリティーマッチに参加した際の香川 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司は11日、自身のフェイスブックを更新し、発生から2年が経過した東日本大震災への思いを綴った。

 香川は、中学から仙台にあるFCみやぎバルセロナに所属し、C大阪に入団するまでの約5年間を過ごしたが、「自分の故郷でもある東北での震災は色々な思いがありました。 昨年東北の皆さんと触れ合って、僕にできることはサッカーを通じた活動を全力でやることだと感じました。 また近いうちに東北へ行き、色々な活動をしたいと思います。日々、全力で頑張ります」と、思いを語っている。

「共に新しい未来を作るため、絆を深めて、手を取り合い、一丸となって夢を追い続けましょう」と続けた香川は、改めて被災地へエールを送り、自身の活躍を励みにしてもらえるよう、さらなる飛躍を誓っている。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO