2013.03.11

香川が負傷期間の心境告白「乗り越えれば成長できると感じていた」

チャンピオンズリーグでの負傷で離脱していた香川(26番) [写真]=千葉 格

 マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司が、昨年10月から約2カ月間に渡り負傷離脱した期間を振り返った。クラブ公式HPのインタビューで語っている。

 香川は、昨年10月23日に行われたチャンピオンズリーグのブラガ戦で左ひざを負傷した。C大阪時代にも同箇所を負傷していたことから、「復帰まで大体1カ月ぐらいだろうと思っていた」と当初は予測。しかし、「治りの方もなかなか遅くて、実際は2カ月かかってしまったのには、ちょっと苛立ちはありました」と、復帰までに時間を要した当時の思いを吐露した。

 一方で、復帰に向けての心境も告白。「新たな環境の1年目でけがをすることは難しい部分がありましたけど、それは自分に与えられた試練ですし、ここを乗り越えて、また成長できると感じていたので。そういうプラス思考の思いでトレーニングしていました」と、前向きに捉えていたことも明かした。

 香川は、昨年12月29日に行われたプレミアリーグ第20節のウェスト・ブロムウィッチ戦で復帰。以後は、リーグ戦6試合に出場。今月2日に行われたプレミアリーグ第28節のノリッジ戦では、同リーグでアジア人初となるハットトリックも記録していた。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

チェルシー
21pt
マンチェスター・C
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る