FOLLOW US

サウサンプトンが最下位にホームで敗戦…吉田は決定機で得点ならず

フル出場した吉田(中央) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第28節が2日に行われ、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンとQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)が対戦。吉田は先発出場した。

 ホームに最下位のQPRを迎えたサウサンプトンだったが、14分にQPRのロイク・レミーに右足のシュートを叩き込まれてしまい失点。1点ビハインドのまま、前半ロスタイムを迎えると、ガストン・ラミレスがジェイ・ロドリゲスのシュートのこぼれ球をループシュートで押し込み、同点ゴールをマーク。試合を振り出しに戻して、前半を折り返した。

 後半に入って勝ち越しを狙ったサウサンプトンだったが、得点できずにいると77分に再び失点。左サイドをパク・チソンに突破を許してクロスを上げられてしまうと、ゴール前でジェイ・ボスロイドに押し込まれ、勝ち越し点を奪われた。

 サウサンプトンは85分にCKから吉田が決定的なヘディングシュートを放ったが、相手GKの好守に阻まれゴールならず。1-2と敗戦を喫して、勝ち点27のままで暫定16位となった。一方、QPRは7試合ぶりの勝利となったが、勝ち点20で依然として最下位に低迷している。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA