FOLLOW US

マンU監督はレアル戦の香川を評価…第2戦に向けノリッジ戦で温存も

香川(左)とファーガソン監督(右) (C)Manutd.jp

 マンチェスター・Uを率いるアレックス・ファーガソン監督は、チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレアル・ マドリード戦における日本代表MF香川真司のパフォーマンスを評価しているようだ。クラブ公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、ファーストレグでの香川のパフォーマンスについて、「素晴らしいプレーを見せた」とコメント。続けて、「シンジは前線にうまく抜け出していたし、(ロビン・)ファン・ペルシーからのパスでボールを前に運んだシーンもあった。ゴールを決めていても不思議ではなかったし、レアルにとって、中盤での彼は脅威だったと思う」とし、香川の出来に満足していることを明かした。

 また、プレミアリーグ第26節のエヴァートン戦、第27節のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦でベンチ外となっている香川だが、ファーガソン監督は次節のノリッジ戦でも同選手を欠場させることを示唆。しかし、ファーガソン監督は、香川がプレミアリーグへすぐに順応すると見ているようだ。

「シンジならすぐに順応するはずだよ。フィジカル面以外では不安がないからね。バランス感覚も良いし、優れたテクニックも持ち合わせている。特に、ボールを持ったときのターンは素晴らしいね。とても良いプレーを見せていると思うよ」

 チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦セカンドレグのレアル・ マドリード戦は、5日に行われる。

(C)Manutd.jp

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA