2013.02.26

首位独走中も気持ちを引き締めるキャリック「慢心してはいけない」

キャリック
気持ちを引き締めるキャリック (C)Manutd.jp

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表MFマイケル・キャリックは、「先のことを考えてはいけない」と語り、目の前の試合に集中していることを明かした。クラブ公式HPが伝えている。

 マンチェスター・Uは、プレミアリーグ第27節を消化し、2位のマンチェスター・Cに勝ち点差12をつけ、首位を独走している。残り11試合という点から、優勝する可能性が高いと見られているが、キャリックは、「(リーグ制覇の話題は)考えないようにしているよ。まだまだやるべきことが残っているからね」とコメント。続けて、「(アレックス・)ファーガソン監督も、目の前の試合に集中することを求めている。慢心してはいけないんだ」と語り、残り試合に向けて気持ちを引き締めた。

 また、キャリックは、第27節のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦での勝利に満足感を示している。

「結果が求められたQPR戦で、しっかりと勝つことができた。僕たちは首位を走る際のプレッシャーへの対処方法を知っているからね」

(C)Manutd.jp

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る