2013.02.22

EL敗退もクラブを称えるロジャーズ「最高のサッカーファミリー」

ロジャーズ監督はリヴァプールを「世界で最高のサッカーファミリー」と表現している

 21日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、リヴァプールはゼニトと対戦した。試合は、リヴァプールが3-1で勝利を収め、2試合の合計スコアで並んだものの、アウェーゴールを奪ったゼニトの勝ち抜けが決まっている。リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は、敗退を惜しみつつも、素晴らしいリアクションを見せたチームを称えている。クラブ公式HPが伝えた。

 敵地で行われたファーストレグを0-2で落とし、ホームで巻き返しを図ったリヴァプールだったが、前半19分にゼニトのFWフッキに先制点を奪われる。ベスト16進出のためには4ゴールが必要となり、突破が厳しい状況になったが、FWルイス・スアレスの2ゴールなどで3ゴールを奪うことに成功。4点目こそ奪えなかったものの、ロジャーズ監督は、「一時は3点のリードを許していた。しかし、その状況から選手が示したクオリティーとキャラクターは驚異的だった」とコメント。続けて、「選手たちはこれ以上できなかったと思う。素晴らしいリアクションを見せてくれた彼らを誇りに思うよ」と語り、全力を尽くした選手たちを称えている。

 また、ロジャーズ監督は、素晴らしい試合を演じたリヴァプールについて、「世界で最高のサッカーファミリー」と表現している。

「敗退が決まってしまったことは残念だが、ファンタスティックな夜だった。選手たちとともに、ファンも戦ってくれたね。アンフィールドに最高の雰囲気を作ってくれたんだ。まさに彼らは、“12番目のプレーヤー”さ」

「ゼニトとの一戦で、リヴァプールというクラブは素晴らしいパフォーマンスを見せた。世界で最高のサッカーファミリーであることを示したと思う」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る