2013.02.17

ヴェンゲル監督「プレミアが下部リーグに負けることはよくある」

1996年からアーセナルを率いるヴェンゲル監督

 FAカップ5回戦が16日に行われ、アーセナルが2部のブラックバーンとホームで対戦。0-1と敗れて、大会から姿を消した。

 試合後、アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、敗戦を以下のように振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 アーセナルは、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーや同代表FWセオ・ウォルコットらを途中投入。結果として主力選手の温存が裏目に出て敗れたが、ヴェンゲル監督は、「試合開始から我々は11人の代表選手をピッチに送り出していた。彼らを投入した時もスコアは0-0だった」と、メンバー選考への後悔はなかったと語った。

 また、4部のブラッドフォードに敗れたキャピタル・ワン・カップに続いて、下部リーグ所属のチームによって大会敗退に追い込まれたことにも言及。「プレミアリーグのチームが下部リーグのチームに負けることはよくある。勝つために十分なプレーができなかったという、単純にそれだけのことだよ」と語る一方で、「受け入れられる敗戦はない。全試合に勝利するために仕事をしている」と、大会から姿を消す無念さも垣間見せた。

 FAカップの敗退により、8シーズンぶりのタイトル獲得を目指すアーセナルには、現在5位に位置するプレミアリーグとチャンピオンズリーグの2大会のみが残されることになった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る