2013.02.15

宮市、3カ月ぶりの復帰へ…「ファンのためにも」と巻き返し誓う

 ウィガンは14日、足首の負傷で戦線を離脱している日本代表FW宮市亮が、23日に行われるプレミアリーグ第27節のレディング戦での復帰を目指しているとクラブ公式HPを通じて発表し、宮市の言葉を伝えている。

 宮市は今シーズン、アーセナルからウィガンへレンタル移籍で加入するも、負傷の影響などでリーグ戦の出場は途中出場の4試合のみ。また、昨年11月24日のプレミアリーグ第13節からは足首のけがで長期離脱を強いられている。

 宮市は、「けがはだいぶ癒えてきました。まだ2、3週間くらいはかかるかもしれませんが、だいぶよくなりました。欠場中はとてもタフな時間を過ごしたので、戦列に復帰できれば、すごく安心すると思います」と復帰に近づいていることを明かした。

 また、「最初は、昨年の代表戦で股関節を痛めました。それで数カ月戦列を離れて、(昨年11月17日の)リヴァプール戦で復帰して、今度は足首をけがしました。すごくフラストレーションが溜まりましたね。それから試合の後の練習に参加したことで悪化させてしまいましたが、そこから色々なことを学ぶこともできました。試合への準備の仕方や、練習でどう取り組めばいいか、これは今後の糧となります」と、負傷の経緯を語りつつ、離脱期間も決してマイナスではなかったとコメントしている。

「起きてしまったことは、起きてしまったことです。シーズン終了までの間、すぐ監督に使ってもらえることに集中しています」と、復帰後の意気込みを見せた宮市は、「重要なことはプレミアリーグ残留のために可能な限り、多くの試合に勝利することです。そのためにチームの助けになれるよう、復帰した自分がサポーターに良いプレーを見せられるように頑張ります。長い間戦列を離れ、多くの試合を欠場しました。サポーターが幸せになってくれるよう、僕ができるプレーを示す必要があります」と、終盤戦での巻き返しを誓っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る