2013.02.11

23シーズン連続得点の39歳ギグス「ゴールで試合が落ち着いた」

ギグス
先制点となるシュートを沈めるギグス [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第26節が10日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uがホームでエヴァートンと対戦して、2-0で快勝した。

 先制点を決めて勝利に貢献したマンチェスター・Uの元ウェールズ代表MFライアン・ギグスが、試合後に以下のように勝利を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 ギグスは、「昨シーズンはホームでエヴァートンにやられてしまったし、集中力を保たなければならないのは明らかだった。とにかく集中してさえいれば、問題ないと思っていたよ」と、勝因を分析した。

 自身の得点については、「ゴールで試合が落ち着き、その後は良い展開を作れたね。本当にタフな相手だったから、開始から絶対に良い流れでプレーしないといけなかったんだ。何よりも大事なのは結果だね。内容は二の次だったけれど、結果として良い内容でもあった」と、満足感を示した。

 39歳のギグスは、エヴァートン戦での得点が、今シーズンのリーグ戦初ゴール。リーグ戦で23シーズン連続得点となっている。

[写真]=Man Utd via Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る