2013.02.05

マンUの伝説的GKシュマイケル「香川は何よりも順応性が高い」

会見に出席したピーター・シュマイケル

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは5日に、7月23日に日産スタジアムで横浜FMとプレシーズンゲームを開催すると発表した。発表会見に出席したクラブのOBで、現在はアンバサダーを務める元デンマーク代表GKのピーター・シュマイケル氏が、香川の印象を語った。

 シュマイケル氏は今シーズン加入した香川について、「けがもあって少し苦戦しているのかなという印象がある」とコメント。一方で、「何よりも順応性が高いと思う。移籍してきてあれだけすぐに溶けこみ、尚且つ良いプレーができ、良い影響を与えることができる選手はなかなかいないと思う。今後どのようにチームに貢献してくれるかに対して非常に期待が高い」と、評価も口にした。

 また、13日に行われ、レアル・マドリードと対戦するチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグについて問われた際には、「アウェー戦になるので、(アレックス)ファーガソン監督は非常に慎重になると思う。ディフェンシブまでいかなくても、それほど攻撃的にならない態勢を作ってくるだろう」と語り、「スタメンの中には、香川も入ってくると期待している」と続けた。

 シュマイケル氏は、1991年から1999年までマンチェスター・Uに在籍。1998-1999シーズンにはチャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、FAカップの3冠獲得に貢献していた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る