2013.02.03

敵地で勝利のマンU監督「我々のプレーができて言うことはない」

フルアム戦の勝利に満足感を示したファーガソン監督 (C)Manutd.jp

 プレミアリーグ第25節が2日に行われ、フルアムと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。アウェーで戦ったマンチェスター・Uが、イングランド代表FWウェイン・ルーニーのゴールで、1-0と競り勝った。

 試合後、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、勝利を以下のように振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「素晴らしい勝利だったね。結果には満足しているよ。相手は過去数年間ホームで素晴らしい戦績を残しているチームだった。そのチームに勝てたことは大きいよ。(2位と暫定勝ち点差10は)良いポジションだと思うよ」

「選手達のパフォーマンスを見ればわかったと思うが、身体を張ってゴールラインを割らせないように懸命だったね。シュートを止め、DFを越えるヘディングシュートも許してしまったが、何とか守り切った。そして、自分達のフットボールも展開できたのだから、言うことなしだよ」

「フルアムにもチャンスはあったが、守備陣の努力に助けられたね。ロビン・ファン・ペルシーやハビエル・エルナンデスにもチャンスはあったし、前半は3度もシュートがポストに当たってしまった。だからこそ勝利すべき内容だったとは思うが、互いにチャンスを作り合う素晴らしいフットボールだったね」

 なお、マンチェスター・Uは、13試合負けなしで勝ち点を62まで伸ばして、首位を維持している。

(C)Manutd.jp

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る