2013.02.01

ウェストブロム会長、オデムウィンギの行動を批判

ピース会長から批判されたオデムウィンギ

 ウェスト・ブロムウィッチのジェレミー・ピース会長が、同クラブに所属するナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギの行動を批判した。『スカイスポーツ』が報じている。

 先日、オデムウィンギはクラブに移籍希望を申請したが却下されていた。QPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)からのオファーが届いていたオデムウィンギは、クラブから許可が下りていないにも関わらず、QPRとの接触を図ってしまったようだ。

 これを受け、ピース会長はオデムウィンギの行動を批判している。

「ピーターはプロらしくない行動をしてしまったようだ。彼にはあと18カ月の契約期間が残っているし、クラブでのプレーに全力を注ぐべきなんだ」

 同選手は今シーズン、リーグ戦18試合に出場し、5得点を挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る