2013.01.31

サウサンプトンに競り勝ったマンU監督「運が味方した試合」

サウサンプトン戦で指示を出すファーガソン監督 (C)Manutd.jp

 プレミアリーグ第24節が30日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uと日本代表DF吉田麻也、FW李忠成の所属するサウサンプトンが対戦。ホームのマンチェスター・Uが、イングランド代表FWウェイン・ルーニーの2得点で2-1と逆転勝利を飾った。

 試合後、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が、以下のように勝利を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「優勝争いの中では、『運が味方した』と思うような試合が何試合かあるんだ。今日は間違いなく、その1試合だと思うね。後半のサウサンプトンは、ホームで対戦したチームではベストパフォーマンスを披露したと思うよ。プレッシャーが強く、立て直す時間も取れなかった。相手はボールを奪い、自分達のプレーを貫いた。非常に手強かったね」

「開始早々に不運な形で失点したが、選手達は全く気後れせず、素晴らしいプレーを見せた。前半だけで4、5点取れていても不思議ではなかったよ。しかし、ピッチが乾燥し始めてからはいつもと違うプレーをする必要に迫られたんだ。普段はやらないが、選手達は間隔を空けてプレーすることを求められたね」

「ピッチ状態は我々のアドバンテージとはならなかったが、言い訳にするつもりはないよ。苦戦したが、勝利で終えられた事実を第一に考えるよ」

 マンチェスター・Uは、12試合負けなしで勝ち点を59まで伸ばし、2位のマンチェスター・Cとの差を勝ち点7に広げている。

(C)Manutd.jp

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る