2013.01.30

マンUの香川「けがした分を取り返すために努力し続けるしかない」

今シーズンからマンチェスター・Uに加入した香川

 マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司が、クラブ加入以来の自身のパフォーマンスに言及した。クラブ公式HPのインタビューで語っている。

 香川は自身のポジションについて、「好きだったり、一番生きると思うのはトップ下ですね。ドルトムントで経験したことも大きいし、いつもやっているポジションなのでベストだと思います」とコメント。一方で、「ユナイテッドは選手層が厚いので、どんなポジションでもできないといけない。だから、出たポジションで常に結果を求めてやっています」と、続けている。

 また、加入以後に最も良かったパフォーマンスを問われた際には、「正直、まだまだ無いです」と断言。「90分間通しての満足はないですし、悔しい気持ちはあります。もっとチームのスタイルであったり、自分のスタイルを表現できるようにやっていかなきゃいけない」と語り、飽くなき向上心を明かしている。

「シビアにいうと、まだまだですね。それにけがをして、1年目でけがをする悔しさやつらさを経験したので、その分を取り返すためにもっと良さを出せるように努力し続けるしかないので。1試合でも多く結果を残せるように、やり続けていくしかないですね。重圧も大きい中で1日1日、ハードワークをやるしかないので、実る時がいつか来ることを信じて精一杯やっています」

 香川は今シーズン開幕前、ドルトムントからマンチェスター・Uに加入。リーグ戦では第23節終了時点で、10試合に出場して2ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る