2013.01.30

香川がマンUとドルトの相違を明かす「経験の差では明らかに違う」

今シーズンはリーグ戦で2ゴールを挙げている香川(右) [写真]=千葉格

 日本代表MF香川真司が、所属するマンチェスター・Uと昨シーズンまで在籍したドルトムントとの相違を明かした。マンチェスター・Uの公式HPが伝えている。

 香川は2クラブの大きな違いについて、「ドルトムントはどちらかと言えば、経験の浅い若い選手が多く、団結してハードワークをしていたチームでした。ユナイテッドは経験豊富で優勝やビッグゲームを経験している選手がたくさんいるので、経験の差では明らかに違うのかなと思います」とコメント。

 プレースタイルに関しても、「ユナイテッドのほうが選手個々のポテンシャルが高く、それを活かしたサッカーというイメージ。あとはサイドアタッカーも豊富で、(ロビン)ファン・ペルシーや(ウェイン)ルーニーという世界的なストライカー、ビッグプレーヤーが在籍している点も大きいですね」と、自身の考えを明かした。

 また、リーグ間の違いにも言及。「プレミアの方がフィジカルは強いかなと思います。クラブの規模もプレミアが大きいので、上位には良いチームが多くあり、差がそれほどないのかなと思います」と語った。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る