2013.01.21

土壇場で追いつかれドローのマンU監督「できることは全てやった」

ファーガソン
トッテナム戦で指示を送るファーガソン監督 (C)Manutd.jp

 プレミアリーグ第23節が20日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uはアウェーでトッテナムと対戦して、1-1で引き分けた。

 マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、ドローに終わった一戦を振り返り、以下のように語った。クラブの公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、後半ロスタイムに追いつかれた戦いぶりについて、「カウンターからダメ押し点を決めるチャンスはあったが、土壇場でやられてしまった。両チームともにハードワークを実践した。非常に難しい試合だったけれど、できることは全てやったと思うよ」とコメント。「相手はペナルティエリア内にボールを入れ続け、我々も弾き返し続けた。最後のシュートだけが防げなかっただけ。相手はアグレッシブで、一丸となったチームだったよ。リードを守れなかったことは残念だね」と、両チームの健闘を称えた。

 オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーがヘディングで挙げた先制点については、「ゴールは素晴らしかった。ロビンがシーズンを通じてやっていることを今日もやってくれたよ」と称賛。一方で審判の判定に不満を持っていることも明かした。

「終盤には、ラファエウに対するファールがあったが認められなかった。きっと今日の線審は認めないと思っていたがね。ウェイン(ルーニー)は、明らかに足をかけられて倒されていた。確実にPKが与えられるべきだったよ。線審は目の前で見ていたにも関わらず、見逃したんだ。今日の線審にはがっかりしているよ」

 なお、マンチェスター・Uは、連勝こそ4試合で止まったが11試合負けなしとなり、勝ち点56で2位のマンチェスター・Cと勝ち点5差で首位をキープしている。

(C)Manutd.jp

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング