FOLLOW US

マンU監督がフレッチャーにエール「手術での問題解決を願う」

今シーズンの欠場が決まったフレッチャー (C)Manutd.jp

 マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が、潰瘍性大腸炎からの回復手術を受けたスコットランド代表MFダレン・フレッチャーに復帰へのエールを送った。クラブの公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「手術を受けたことで、ダレンがトップチームに復帰できる可能性は高まったよ」とコメント。「彼は自身のスタイルを変える必要があるね。今シーズンのプレーを見る限り、3、4年前の状態には戻っていない。その代わり、最終ラインの前での起用には、上手く対応していた。必ず復帰してくれると願っているよ。復帰後はこれまでとは違うポジションを任せようと思っている」と、復帰後を見据えた。

 また、「彼は治療を続けながら最善を尽くしていた。しかし、最近病状が悪化してしまった。今回の手術で問題が解決されることを願い、7月までに復帰できれば良いと思っている。辛いだろうが、数年間病気と付き合ってきたのだから、完治に向けてのステップなのだろう」と語るとともに、「人柄も良く、素晴らしい青年なんだ。今も、昔もそうだったように、復帰に向けてベストを尽くすに違いないよ」と、エールを送った。

 手術を受けたフレッチャーは、今シーズンの残り試合を欠場することが既に発表されている。

(C)Manutd.jp

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO