FOLLOW US

ストライカーへの関心が噂されたヴェンゲル監督…1月の補強の難しさに言及

1月の移籍市場での補強は難しいと語るヴェンゲル監督

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、1月の移籍市場において、「補強には障害がある」という旨のコメントを残した。クラブ公式HPがヴェンゲル監督の発言を掲載している。

 ヴェンゲル監督は、ナポリに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニやチェルシーに移籍したセネガル代表FWデンバ・バへの関心を持っていたようだが、チーム事情や選手がチャンピオンズリーグへの出場資格を保持していないことから、「補強は困難である」と語っている。

 ヴェンゲル監督はカバーニについて、「ナポリは国内リーグで、チャンピオンズリーグ圏内を争っているチームだ。『選手の価値の倍額を支払う』と言わない限りは、彼らがカバーニを手放すことはないだろうね」と語り、ナポリのチーム事情や移籍金の問題を挙げた。続けて、「それに加え、我々が望むような選手たちは、チャンピオンズリーグの出場資格を保持していない」とし、即戦力としての活躍が期待できる選手は、ヨーロッパのコンペティションで起用できないという見解を示した。

 アーセナルはリーグ戦21試合を消化し、勝ち点34で6位に位置している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO