FOLLOW US

FA杯で4回戦に進出したマンUのギグス「終盤はだらしなかった」

ウェストハム戦でフル出場したギグス [写真]=(C)Manutd.jp

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは16日、FAカップ3回戦の再試合でウェストハムとホームで対戦。イングランド代表FWウェイン・ルーニーの得点で、1-0と勝利して4回戦に進出した。

 ウェストハム戦にフル出場した元ウェールズ代表MFライアン・ギグスは試合後、完封勝利を振り返り以下のようにコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 ギグスは、「FAカップでは何が起こるかわからないから、4回戦に進めて一安心だね」と安堵するとともに、「出だしは良かったけれど、終盤はだらしないプレーをしてしまった。序盤で得点した勢いから追加点が取れたら良かったよ。ウェストハムは相手にすると厄介な存在だね」と、反省点も口にした。

「相手がどこであろうと、1点差のままだと不安はあるものなんだ。セットプレーに優れていて、ボックス内にロングボールを入れてくるウェストハムのようなチームが相手なら尚更だね。追加点が取れていたら楽だったけれど、勝てて良かったよ」

 また、PKを外してしまったルーニーについては、「今日のようなこともある」と語り、「ウェインは過去にすごいプレッシャーの中でも、重要なPKを何度も決め続けてきたんだ。今日は外したが、結果に影響はなかった。それでも、彼は得点したかっただろうし、後悔するんじゃないかな」と擁護した。

 なお、マンチェスター・Uは、26日に行われる4回戦でフルアムと対戦する。

[写真]=(C)Manutd.jp

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO