2013.01.14

マンCに敗れたアーセナルのヴェンゲル監督「チームにはもっと自信が必要」

敗れたマンチェスター・C戦を振り返るヴェンゲル

 アーセナルは、13日にホームで行われたプレミアリーグ第22節でマンチェスター・Cと対戦。開始10分にフランス代表DFローラン・コシールニーがレッドカードを受け退場し、早々に10人での戦いを強いられると、21分と32分に失点を喫して、完封負けとなった。

 チームのパフォーマンスについて、アルセーヌ・ヴェンゲル監督は以下のようにコメントしている。クラブの公式HPが伝えている。

「我々はキックオフから非常に臆病だったため、相手に主導権を握られてしまった。その結果、序盤で代償を払うことになってしまったんだ。ホームでこういったビッグマッチを戦う時には、自分の個性を強く示す必要がある」

「10人で優れたチームと戦わなければならないのは、とても難しいことだよ。失点については、もう少し良い対応ができていたはずだ。我々はホームでナーバスになり過ぎてしまう。それが立ち上がりに表われてしまったね」

 メンタル面での課題を指摘したヴェンゲル監督は一方で、戦う姿勢を見せた選手たちに評価も与えた。

「敗れはしたが、選手たちは気迫と意欲を見せてくれたね。特に後半は素晴らしかったと思う。でも、こういったゲームを戦うにはもっと自信が必要なんだ。自信を持って戦い、キックオフからチームの力を示す必要がある」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る