2013.01.14

マンUのファーガソン監督「シンジが倒された場面はPKが宣告されるべき」

リヴァプールに競り勝ち、喜ぶファーガソン監督

 プレミアリーグ第22節が13日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとリヴァプールが対戦。ホームのマンチェスター・Uが、2-1で競り勝った。

 試合後、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が勝利を以下のように振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「非常に面白い試合だったと思うよ。感情が入り混じった熱い試合で、勝てて嬉しいね。前半はパフォーマンスが良かったが、後半は正直に言えば失点してから長く感じたよ。ハードワークを行い、勝てて本当に嬉しい」

「順位ではなく、勝利という結果が重要なんだ。何度も言うように、イングランドで最も成功している2チームの争いで、それ自体が素晴らしいチャレンジだと思う。今日の勝ち点3は、本当に大きいよ」

「ロビン(ファン・ペルシー)の得点は、素晴らしいビルドアップから生まれたね。しかし、展開を考えれば3、4点は決まって良かったよ。シンジが倒された場面では、PKが宣告されるべきだったと思うね」

「ダニー(ウェルベック)はファンタスティックだったよ。相手にとっては厄介な存在だったと思う。特に前半は彼とロビンを抑えるのが大変だったはず。ダニーを起用した理由は、相手のセントラルMFを引きつけるため。素晴らしい動きで仕事をこなしてくれた。最後まで走り続け、彼こそマン・オブ・ザ・マッチに相応しいよ」

「失点は見直していないけれど、守備が甘かったね。今回もこぼれたボールを入れられて、誰もカバーしていなかったからね。それで相手に勢いがつき、少し守備が乱れたが、何とかリードを守りきれた。ボックス内で激しくやり合う場面や絶対に死守しないといけない相手との接触シーンもあった。今日のようなビッグゲームでは守備が勝敗を左右する。今日も、そういう試合だったね」

 マンチェスター・Uはプレミアリーグ第22節を終えて、2位のマンチェスター・Cに勝ち点7差をつけて首位を快走している。

(C)Manutd.jp

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る