2013.01.06

マンU指揮官「シンジのシュートが外れ、今日はウチの日でないと思った」

復帰後初のフル出場となった香川

 FAカップ3回戦が5日に行われ、ウェストハムと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。2-2の引き分けに終わり、再試合となった。

 試合後、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が、引き分けを振り返り、以下のように語った。

「まだ勝つ抜く可能性も残されているよ。過去何年かは運に見放されて難しいチームとの対戦が続いていた。今日も多くのチャンスを作っていたので、もし1-2のまま負けていたら、かなり驚いていただろうね」

「ウェストハムと対戦する際は、しっかりとセットプレーに対応しないといけないんだ。彼らはリーグでも1番と言えるほど、空中戦に強い。しかし、今日の守備は全く対応できていなかった。同じようなクロスやポジショニングで、ジョー・コールのクロスからジェームズ・コリンズに2ゴールも許したわけだからね」

「先制点は素晴らしい流れから生まれたね。本来ならば、前半の時点でリードを奪っていても不思議ではなかった。つまり、守備の改善が絶対的に必要ということになるよ。ライアン・ギグスとダニー・ウェルベックのシュートがクロスバーを越え、トム・クレヴァリーも枠を外した。シンジのシュートがブロックされたのを見て、『今日はチームの日ではないのかもしれない』と思ったほどだったよ」

「(後半ロスタイムの同点ゴールは)ライアンからのパスも素晴らしかったが、ロビン(ファン・ペルシー)のファーストタッチは素晴らしかった。間違いなくワールドクラスのプレーだったよ。誰もが、彼の持って生まれた才能だと思ったはずだよ。試合終了まで残り数分で、チームにとっても大きなゴールだった」

「選手は揃っているし、再試合の時期には負傷者も全員チームに戻っているはずだよ。ナニは練習を再開して、間もなく出場できるようになる。フィル・ジョーンズを含む守備陣も来週中には全員揃うよ。豊富な選手層があるのだから、最大限に活用するまでだね」

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る