2013.01.05

元イングランド代表MFジョー・コール、古巣ウェストハムへ完全移籍で復帰

 ウェストハムは4日、リヴァプールから元イングランド代表MFジョー・コールを獲得したことを発表した。契約期間は1年半で、移籍金はフリートランスファーとなるため発生しない。

 J・コールは、ウェストハムの下部組織出身。1999年に17歳でトップチームデビューを果たし、2002-03シーズンまで在籍した古巣となる。

 古巣復帰に際しJ・コールは、「ここへ戻ってくることで、どうやってプレーするかを学んでいた日々を思い出す。また別のチャンスを手にすることができて幸せだよ。ウェストハムを常に愛してきたし、印象的なシーズンにすることができるよう願っている。復帰のタイミングは正しいものだ。ロンドンに戻って来られてうれしいし、インパクトを残したいね」と意気込みを語っている。

 J・コールは2003年夏にウェストハムからチェルシーへ移籍。7シーズンを過ごした後、2010年7月にリヴァプールへ加入したが、故障などの影響もあり満足のいく出場機会を得られず、昨シーズンはリールへのレンタル移籍も経験した。今シーズン、リヴァプールへ復帰したがリーグ戦で先発出場の機会は無く、6試合の途中出場にとどまっていた。

 なお、背番号は以前ウェストハム所属時に着用していたものと同じ26となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る