FOLLOW US

スペイン紙『マルカ』が考える「レアルがベイルとサインする3つのポイント」

スペイン紙『マルカ』が特集記事を組んだベイル

 スペイン紙『マルカ』は「ベイルとサインする3つのポイント」と題して、レアル・マドリードがトッテナムのウェールズ代表MFガレス・ベイルを獲得する3つの理由を挙げている。

1.マドリードがベイルに対し、とても強い関心を持っている。
 ベイルはとてもユーティリティーなプレイヤーでサイドバック、サイドハーフ、そして攻撃的ミッドフィルダーとしてプレーできる。ゴールスコアラーであり、とても速く、強靭なフィジカルを備えている。さらに23歳という年齢が彼の魅力をさらに高めている。彼には成長する時間が多く残されている。

2.選手はレアル・マドリードでプレーしたいと夢見る
 ベイルは2016年までトッテナムと契約しているが、すでにタイトルへの願望を明かしており、タイトルを獲得できるクラブに移籍することを望んでいる。彼の友人であり、トッテナム時代のチームメートでもあるレアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、ベイル加入を望むコメントを残している。

3.トッテナムがベイルを守り続けるのは難しい
 トッテナムは2007年にベイルと契約を結んだ。そして彼は5年間トッテナムのために戦っている。トッテナムの会長は彼を、世界中のビッグクラブから守り続けるのは難しいと分かっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO