2012.12.27

バルセロナのビジャ獲得にプレミアリーグ名門3クラブが意向を示す

骨折から復活を果たしたバルセロナのビジャ

 プレミアリーグの複数クラブが、バルセロナのスペイン代表FWビジャ獲得に興味を示しているとスペインの『スポルト』紙が伝えた。

 これはイギリスのデイリー・ミラー紙の報道も受けたもので、デイリー・ミラー紙によれば、チェルシー、アーセナル、リヴァプールというプレミアの名門3クラブがビジャ獲得を望んでいるとの報道だ。

 チェルシーはスペイン代表FWフェルナンド・トーレスとのタンデムとしてビジャを獲得したい意向で、ラファエル・ベニテス監督がビジャを熟知していることも鍵となる。移籍金には1400万ユーロ(約15億円)を用意しているということだ。一方のアーセナルとリヴァプールは、この冬に移籍という考えはないようで、バルセロナがビジャを手放す意向がないことも承知しているが、ビジャ獲得への関心を隠すことはなく、長期戦になっても構わないとの姿勢を示しているという。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る