2012.12.27

若手育成についてヴェンゲル監督「一緒に育ったチームは姿勢から強力だ」

クラブの選手育成の理想を語ったアーセナルのヴェンゲル監督

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が若手選手の育成についてコメントを述べた。ヴェンゲル監督は「一緒に育ったチームの方がより連帯感も生まれる」との考えとともに、チームの4分の3を自前の選手で構成することを望んでいるとした。クラブ公式HPが紹介している。

「常に我々は数多くの選手を輩出しているが、さらに多くの地元選手を育てていきたい。私がここへ来て以来、チームにこれだけ多くのイングランドの選手、あるいは英国の選手がいるのは初めてだ。彼ら全員に本当の才能とクオリティがある。我々アーセナルの理想的なモデルは、まずは自分たちのシステムの中からチームの核となる選手を育成し、その後に外部から別の才能を補強することだ」

「それによって安定感が保証される。適切な選手を若いうちからメンバーに入れられたなら、真のチームスピリットを植え付けられる。ピッチに立てば、世界中の選手で構成されたチームよりも、一緒に育ったチームの方がより連帯感も生まれ、チームの姿勢から強力になるんだ。世界中から連れて来た選手たちだけでは出来ないことだよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る