2012.12.18

バロテッリが罰金処分に不満を示し、クラブを訴える

クラブとの関係悪化が連日報じられるバロテッリ

 マンチェスター・C所属のイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、クラブから罰金処分を科されたことに抗議し、裁判を起こす考えのようだ。イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 マンチェスター・Cは、度重なるバロテッリの規律面での問題行動を厳しく処分するため、罰金34万ポンド(約4600万円)を科したようだ。これに対し、バロテッリが罰金の不当性を主張し、裁判所に訴え出たと見られている。

 バロテッリは、15日に行われたニューカッスル戦でベンチ外となっており、ロベルト・マンチーニ監督は、「もっと練習をする必要があったからだ」とコメントしていた。

 今回の一件でクラブとバロテッリの関係はさらに悪化し、移籍が加速するのではないかとみられる。バロテッリには、ユヴェントスやインテル、ミランへの移籍が噂されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る