2012.12.15

CWC優勝をプレミア制覇のきっかけにしたいチェルシー指揮官「連勝が続けば自信が湧く」

CWCでの好成績をプレミアリーグに持ち帰りたいと語ったベニテス監督

 チェルシーは、ヨーロッパ代表として『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012』を戦っているが、ラファエル・ベニテス監督は、大会での優勝をプレミアリーグ制覇へのきっかけにしたいと考えているようだ。イギリス紙『ガーディアン』が伝えている。

 チェルシーは現在、リーグ戦16試合を終えて3位につけているが、首位マンチェスター・Uとの勝ち点差は10ポイントある。

 ベニテス監督は、「人々は『リーグは2チーム(マンUとマンチェスター・C)のマッチレースだ』と言う。だが、2試合3試合と連勝が続くと自信が湧いてくるものだ。(クラブワールドカップ準決勝の)モンテレイ戦の様に、攻守にバランスのとれた質の高いサッカーをして勝利できれば、簡単に連勝を重ねていくことも可能だ。何連勝できるかは分からないが、3連勝が4連勝になれば、自信はさらに高くなるね」とコメントし、クラブワールドカップを契機に、リーグ戦での浮上に意気込みを見せた。

 チェルシーは、16日にクラブワールドカップ決勝で、南米代表コリンチャンスと対戦する。

[写真]=兼子愼一郎

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る