2012.12.12

マンUがV・ペルシーに続きアーセナルから引き抜き画策…ウォルコットに照準

マンチェスター・Uがファン・ペルシーに続き、ウォルコットの獲得を検討か

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、今夏にアーセナルからオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーを獲得した。ユナイテッドはアーセナルからさらなる引き抜きを画策している模様だ。イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ユナイテッドが狙うのは、アーセナル所属のイングランド代表FWセオ・ウォルコットのようだ。ウォルコットは今シーズン限りで契約満了となり、リヴァプールやマンチェスター・C、チェルシー等多くのビッグクラブが動向を追っている。

 ウォルコット自身は残留を望んでいるようだが、クラブが提示した週給7万5000ポンド(約1000万円)の5年契約を拒否しており、8月末以降、正式な話し合いは行っていないようだ。ウォルコット側は週給10万ポンド(約1300万円)を要求していると伝えられている。

 12月内に新契約が成立しなかった場合、冬の移籍市場での放出も考えられると報じられている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る