2012.12.08

チェルシー、来季からの監督に“プランB”としてドルトムントのクロップ監督を検討か

 チェルシーは、来シーズンから前バルセロナ指揮官のジョゼップ・グアルディオラ氏の新監督就任を望んでいると噂されているが、その希望が叶わなかった時の“プランB”として、ドルトムントのユルゲン・クロップ監督の招聘に動くとイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 チェルシーは、11月にロベルト・ディ・マッテオ前監督を解任し、ラファエル・ベニテス新監督を迎え入れた。しかし、ベニテス監督は今シーズン終了時までの契約となっている。これは、今シーズンは休業すると宣言しているグアルディオラ氏を来シーズンから監督にするためではないかと言われている。

 しかし、『デイリーメール』は、クラブの指揮系統の全権を要求するであろうグアルディオラ氏が、チェルシーのロマン・アブラモヴィッチ会長のチームに対する関与が多いことを、良く思っておらず、チェルシー監督就任を拒否する可能性を指摘。チェルシーもその場合を考え、クロップ監督に白羽の矢を立てたようだ。

 クロップ監督は、1月にドルトムントと2016年6月まで契約を延長したことが発表されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る