2012.12.07

チェルシー会長がシェフチェンコ氏にコーチ就任を要請か

2006年夏、シェフチェンコはチェルシーに加入。48試合9得点を記録した

 元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏が、古巣チェルシーのコーチに就任する可能性があると、イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 同紙は、チェルシーのロマン・アブラモヴィッチ会長とシェフチェンコ氏が会談を行い、そこでコーチ就任の可能性をアブラモヴィッチ会長が探ったようだと伝えている。

 シェフチェンコ氏は、ディナモ・キエフやミランで活躍後、2006-07シーズンから2シーズン、チェルシーでプレーした。今年6月に行われたユーロ2012でのプレーを最後に現役を引退。その後は政治家やプロゴルファーへの転身が報じられていた。また、現在空位となっているウクライナ代表監督への就任をウクライナサッカー連盟から打診されたが、「経験不足だ」とコメントし、就任を辞退していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る