2012.11.18

スコールズの去就は未定、監督は「イングランドのベストパサーに変わりはない」

監督、チームメイトから信頼されているMFスコールズ

 今シーズンが最後のシーズンになるとも噂されている、マンチェスター・Uの元イングランド代表MFポール・スコールズは、先週末のアストン・ヴィラ戦で、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスのゴールをアシストするなど存在感をみせた。38歳の誕生日を迎えたスコールズだが、まだ来シーズンの去就は未定のようだ。クラブ公式HPが伝えている。  2010-11シーズン終了後に一度は引退したスコールズを、翌シーズン後半にチームに再び向かい入れたアレックス・ファーガソン監督は「来シーズンも現役を続けるかの結論は出ていない。ポール自身が結論を出すが、彼がイングランドのベストパサーであることに変わりはない」と語っている。  またチームメイトのイングランド代表MFマイケル・キャリックは、スコールズについて「彼は天才だよ。僕らはスコールズの能力を理解している。彼のプレーをみて多くを学んできた。それでもスコールズにしか出来ないことは少なからずある。彼とのプレーは本当に楽しいんだ」と称賛を述べている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る