2012.11.14

代表100試合出場目前のジェラード「代表キャリアの終焉が近いと思わない」

10年以上の間、イングランド代表を支えているジェラード

 イングランド代表は、14日にスウェーデン代表とアウェーで親善試合を行う。キャプテンのリヴァプールに所属するMFスティーブン・ジェラードは、歴代6人目の代表100試合出場が見込まれるウクライナ戦を控え、心境を語った。イギリスの複数メディアが伝えている。

 ジェラードは大記録達成を目前に控え、「ここまでは山あり谷ありの冒険だったね。代表キャリアが終わりつつあるとは、思っていないよ」とコメント。さらに、「多少の緊張はあるけど、非常に興奮しているし、キックオフが待ちきれないよ。チームの力となり、アシストやゴールでみんなの手本として引っ張りたいね」と節目の試合に向けての意気込みを語った。

 32歳のジェラードは2000年に行われたウクライナとの親善試合で代表デビュー。以来、ワールドカップに2度出場、ユーロには3度の出場を果たした。

 なお、イングランド代表の最多出場記録は元イングランド代表GKのピーター・シルトン氏が持つ125試合。フィールドプレーヤーでは、LAギャラクシーに所属するMFデイヴィッド・ベッカムの115試合となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る