2012.11.12

イングランド代表に暗雲…ルーニーとウォルコットがけがで離脱か

重要は選手を失う可能性が出てきたイングランド代表のロイ・ホジソン監督

 イングランド代表は水曜日にスウェーデンとの親善試合を控えているが、この週末でロイ・ホジソン監督の下には、マンチェスター・UのFWウェイン・ルーニーとアーセナルFWセオ・ウォルコットのけがのニュースが届けられてしまった。『スカイスポーツ』が伝えている。

 ウォルコットの状況について、アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、「でん部の筋肉に問題が出ている。現段階では代表に加われるかどうかわからない。彼は足を引きずっているからね」とコメント。
 
 また、ウォルコットはハーフタイムの時点ですでにあまり良い状況ではなかったが、プレーを続けたためより悪化してしまったと伝えられている。フルアム戦でウォルコットは84分に交代しピッチを後にしている。

 ルーニーに関しては、10日のアストン・ヴィラ戦で足首を痛め、79分に途中交代している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る