FOLLOW US

日本代表吉田麻也所属のサウサンプトン指揮官「現状を受け入れて上を目指す」

 サウサンプトンのナイジェル・アドキンス監督が、退任については考えていないと発言した。『スカイスポーツ』が報じている。

 04-05シーズン以来のプレミアリーグ復帰を果たしたサウサンプトンだが、リーグ戦10試合を終えて勝ち点4の最下位と苦戦を強いられている。監督交代の噂も聞こえてくる中、アドキンス監督がニコラ・コルテス会長との信頼関係を強調した。

「コルテス会長との関係は良好。こういう関係はどのクラブでも重要なことだ」

 また、チームの不調を認めつつも、上を向いて戦っていくと主張した。

「10試合を終えて、得た勝ち点はわずかに4。その結果、我々は最下位に位置している。でも、これをしっかりと受け入れて、上を目指して戦っていく」

「今は週末のスウォンジー戦に集中している。勝ち点3を得られることを願っているよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA