2012.10.31

ヴェンゲル監督、劇的な逆転で計12ゴールの打ち合いを制し「ミラクルが起きた」

ヴェンゲル監督が大逆転で勝利を掴んだ熱戦を振り返った

 イングランドのリーグカップであるキャピタルワンカップの3回戦が30日に行われ、アーセナルはアウェーでレディングと対戦。4-4で延長戦にもつれ込む激戦となり、最終スコア7-5でアーセナルが勝利を収めている。試合後、アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が以下のように語っている。『スカイスポーツ』が伝えた。

「我々のゲームを見れば、いつも新しいものが発見できる。退屈させない秘けつだよ。最終的にはいい結果になったけど、相手は素晴らしいスタートを切っていた。我々は鋭さを欠いていた。1対1でことごとくやられ、0-4になった。あと1、2点取られていた可能性もあったね」と、一時は4点のリードを許した試合序盤を振り返ったヴェンゲル監督。

 さらに、「後半に巻き返せると私は信じていた。1点を返してチームが甦ったね。次々とチャンスが生まれて2-4になったけど、すでに89分だった。我々にはまだ2点が必要だったんだ。ミラクルが起きたよ。延長戦は常に攻めの姿勢で臨めたね」と、壮絶な打ち合いを制した心境を語っている。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る