2012.10.30

モイーズ監督がスアレスを批判「彼は退場すべきだった」

モイーズ監督はスアレスに対し「退場にすべきだった」とコメント

 リヴァプールとの“マージーサイドダービー”を2-2の引き分けで終えたエヴァートンのデイヴィット・モイーズ監督が、リヴァプールのウルグアイ代表FWルイス・スアレスは退場になるべきだったと主張している。『ESPN』が報じている。

  試合前、モイーズ監督にダイブを批判されていたスアレスだったが、前半14分に自身の打ったシュートがエヴァートンDF、レイトン・ベインズの足に当たってゴールに入ると、モイーズ監督の前で“ダイブパフォーマンス”を披露した。そのパフォーマンスについてモイーズ監督は「あのパフォーマンスは良かったよ。実は結構気に入っているんだ。もし自分が彼の立場で、ゴールを決めたとしてもあのパフォーマンスをやっていたと思う」とコメントした。

  しかし、スアレスはエヴァートンDF、シルヴァン・ディスタンへのタックルで退場になるべきだったとも付け加えている。

 「ディスタンへのあのタックルをしておいて、ピッチに残ることができた彼は幸運だったね。彼のタックルは間違いなくディスタンの足にいっていた」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る