2012.10.29

トーレスの退場を振り返るエヴァンス「倒れるほどの接触はなかった」

ファウルを貰おうとしたと見なされ、2枚目の警告を受けたFWトーレス

 プレミアリーグ第9節が28日に行われ、チェルシーとマンチェスター・Uが対戦し、マンチェスター・Uが3−2で勝利した。この試合で、チェルシーのFWフェルナンド・トーレスがペナルティエリア手前で倒れた際、ファウルを貰おうとしたと見なされ、2枚目の警告を受けて退場している。チェルシー側は主審のこの判定に猛抗議をしていたが、対峙したジョニー・エヴァンスは判断が正しかったと、試合後に『スカイスポーツ』のインタビューの中で主張している。

「コンタクトプレーがあったとは思わなかったよ。映像を見直してみると接触していたように見えるけど、トーレスが倒れるほどのものではなかった。きっと足もとにボールがないことに気付いて倒れたんだと思う。レフェリーの判断は正しかったと思うね」

 また、この試合の勝利については「予想どおりの厳しい試合だった。同点ゴールを決められて、それから(チェルシーに)2人も退場者が出たことで水をさされたけれど、最終的に僕たちが勝てて良かったよ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
トッテナム
11pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る