2012.10.29

敵地での白星にビラス・ボアス監督「相手に粘られたが、それでも勝利できて満足だ」

アウェーでの接戦を制したことに満足だと述べた、トッテナムのビラス・ボアス監督

 プレミアリーグ第9節で28日、トッテナムは日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、アウェーで2−1の勝利を収めた。接戦をものにしたトッテナムのアンドレ・ビラス・ボアス監督は、ハードな試合スケジュールの中、良いパフォーマンスを見せたチームに満足していると『スカイスポーツ』に語っている。

「我々は多くのけが人もいたし、2、3日のリカバリーであっても、また大きな結果を得ることができたから素晴らしい気分だよ。前後半ともに試合を支配できていたね。ハーフタイムのときに3点目を取ろうと話したが、相手はハードに戦ってきて粘りを見せられたよ。1点を失ってから試合は難しくなったが、それでも堅実な成績を残せ、勝利できたことに満足だ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る