FOLLOW US

香川所属のマンUが“南米のC・ロナウド”獲得に乗り出す

 香川真司の所属するマンチェスター・Uが、“南米のクリスティアーノ・ロナウド”と呼ばれているコロンビア代表MFジェームス・ロドリゲスの獲得に関心を示している。英国紙『デイリー・ミラー』が報じた。

 マンUのアレックス・ファーガソン監督はポルトガルリーグからポルトガル代表のC・ロナウドやナニ、ブラジル代表MFアンデルソンらを獲得した経緯があり、報道は現実味を帯びている。

 ロドリゲスは2010-2011シーズンにポルトへ加入すると、国内リーグ優勝とヨーロッパリーグ制覇に大きく貢献した。昨シーズンは26試合に出場し、13得点とゴールを量産。ビッククラブの視線を集めている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA