FOLLOW US

イギリス紙、イングランド代表を採点…1ゴールのルーニーには「素晴らしいとは言い難い」

 ブラジル・ワールドカップ欧州予選が行われ、グループHのイングランドは17日にアウェーでポーランドと対戦し、1-1のドローに終わった。雨の影響でピッチコンディションが悪く、1日延期になった試合は、FWウェイン・ルーニーが30分に先制。しかし70分に同点ゴールを決められた。イギリス紙『サン』では、この試合のイングランド代表選手の採点を伝えている。

ウェイン・ルーニー(5)
もう一つの貴重なゴールがあれば、ロイ・ホジソン監督の下で無敗記録を維持できた。ポーランドの左からの流れを止めることを試みて懸命に働いた。しかし、ゲームの勝敗を決める決定的な機会を逃し、素晴らしいとは言い難い。

スティーヴン・ジェラード(6)
イングランドで最も創造的な選手だった。ジェラードのコーナーキックがルーニーのゴールにつながった。しかし求めているプレーよりは低調で、ポーランドのプレッシャーにダウンしていた。彼の長距離パスの一部が少し意欲的だった。

マイケル・キャリック(4)
守備的ミッドフィールダーとしての地位を保持し、守備の役割でベストを試みた。それでも単純にパスを処理して、ゲームで彼の権威を印象づけることができなかった。

その他は下記のとおり。
ジョー・ハート(4)
アシュリー・コール(5)
トム・クレヴァリー(4)
グレン・ジョンソン(6)
ジェームス・ミルナー(7)
フィル・ジャギエルカ(7)
ジャーメイン・デフォー(5)
ジョレオン・レスコット(6)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA